強がりなかぜくら弱虫なあたし

かぜくらの息抜き場

戻りたい

去年に戻りたい

 

もう集まれんのかな

 

わたしなんだかんだいって

 

好きだったのにな

 

でも集まったら集まったで

 

めんどくさかったね、いろいろ

 

でもそれも

 

一部の人間だけじゃん?

 

その人たちの都合で

 

奪われた

 

あの頃の笑顔って

 

どこいった?

 

誰かの充実した大学生活の反面

 

誰かの大好きな居場所を奪ったことも

 

忘れない方がいいよ

 

ナイフがあったら

 

ふりまわしたい

 

わたしの居場所は

 

もうどこにもないな

 

行きづらい生きづらい大学だね

 

さっさと卒業したい

 

きっと誰が悪いってことやなくて

 

そうなる運命だったんだろうけどね

 

そんくらい、もろく儚い友情だったんだよ

 

何が一生の友達だよ、嘘つき