強がりなかぜくら弱虫なあたし

かぜくらの息抜き場

ありがとうと当たり前

ありがとう

の反対言葉は

当たり前

と言います。

 

有難い、有ることが難しい、滅多にないこと。

当たり前。

見事に反対言葉。

 

よく、当たり前のことが当たり前でないことに気づいた時に、普段の生活のありがたみがわかるという人がいる。

そのとおりである。

 

でも、それを知るためにはコントラストがいる。

 

 

わたしがそれを感じたのはカンボジア、アフリカ。

 

教育を受けられること

たべものがあること

服があること

仕事があること

家があること

 

そのうちのどれかが欠けてる生活をしている人を見た時、はじめてわかる。

 

 

でも、どちらが良いとかはないと思う。

 

教育を受けられない人でも

食べ物がない人でも

服がない人でも

職業がない人でも

家がない人でも

 

どんな人でも幸せそうにみえるんだ。

幸せっていうのが人それぞれのように

当たり前も人それぞれ何だと思う。