強がりなかぜくら弱虫なあたし

かぜくらの息抜き場

【小説】誰にも見えない3

ガヤガヤと騒がしいダンスホール

毎日毎日よく飽きない。

学校とパーティーの繰り返し。

 

今日もカーテンの後ろに身を隠す。

あの方と出会った時のように。

 

『今日もまた、退屈なパーティーですか?』

「!」

『こんばんは』

「あなたが来るのを待ってました」

『それは光栄だ』

「………」

今朝、父親が言っていたことを思い巡らせていた。

 

亡霊、あいつの仕業…

『どうされましたか?急に静かになって』

「………貴方のことを、、貴方のことを教えてください」

 

出会ってしまった。

こうして話してしまった。

貴方のこと

 

_________好きになってしまった_________

 

『いいでしょう』

私達は場所を移した。

騒がしいパーティー会場を後にした。

 

______________________________

「今朝のこと……あなたは、、なぜ私はあなたが見えるの??貴方のこと、教えて」

『旦那様に気づかれてしまったなら、話さねばならないね…いいよ』

.

.

.

僕は幽霊だ。

僕自身は数十年前に亡くなってしまった。

数十年前……貧しい家庭で育った僕は16歳になると直ぐに働きに出た。

僕がこの家に来た時、貴方のお母様はまだ生きていた。

そうだな…まるで貴女ののようだ。

 

「お母様……???」

 

綺麗な髪に色白の肌。大きな目に、華奢な体。

誰が見ても惹かれるほど魅力的な女性だった。

僕と同い年の彼女は、毎日続くパーティーに飽き飽きしていたよ。

カーテンの裏に隠れて退屈そうに街の光を眺める彼女と、しばしばお話したものだ。

きらびやかなパーティーに憧れた貧しい僕と、パーティーに飽き、退屈な毎日を嫌う、裕福な彼女。

正反対だったけど、彼女は違っていたんだ。

彼女は外の世界に出たがっていた。

本当は遠い地に行き、自分らしく生きていきたかった。

でも、できなかった。

 

『それを拒む人が彼女の周りにはたくさんいた』

「拒む人……」

『君の父親は、彼女の婚約者だった』

 

望まない結婚。

金と権力と、自由と娯楽。

安定を望んだ人々の圧力で、彼女は君の父親と結婚させられた。

 

『それからだよ、君のお母様が狂いはじめたのは』

「お母様が…」

『その日から彼女の自由は奪われた』

 

この豪邸は彼女のものだ。

君の父親は、母親の美貌をまるで宝石を見せびらかすかのように人々に自慢した。

そのために毎日毎日、パーティーを開き、快感に溺れた。

自慢だけのために彼女を扱い、自由を奪う。

 

「お父様がそんなことを……」

 

.

.

.

これは貴女に直接言えないことだが…

貴女ができたのも、無理矢理だった。

旦那様が食事の際、睡眠薬を飲み物に混ぜる姿を、僕はこの目で見てしまった。

直ぐに何をするのか分かった。

止めようと思った。

でも、思い込みだったら…間違いだったら…

16歳の貧しい家庭から出た召使いの僕が何を言ったって。

そう思った。

でもそれは、後悔の念に変わり、今でも僕を縛り付ける。

 

食事の終わりに眠ってしまった彼女を抱え込む旦那様。

部屋に連れていき、鍵をかける。

部屋の中で行われていることは、分かっていた。

救えない自分に苛立ち、悲しみが満ち、泣き声を抑えるため、自分の首を絞めることしかできなかった。

 

愛する彼女が、誰かのものになった。

その事実が、僕を、彼女を苦しめた。

そして、貴女が生まれた。

.

.

.

生まれた貴女は、旦那様の新しい宝石だった。

こんなのおかしい。

誰もが分かるはずのことが、誰も分からなかった。

この世界が狂ってることさえ、誰も気づけない。

 

貴女が生まれても、パーティーは続く。

貴女は次第に歩けるようになり、話しも少し出来るようになっていた。

毎日毎日続くパーティーにも、出席を余儀なくされた。

しかし、旦那様が酒に酔い始めたころに、彼女は貴女を抱いてあの頃みたいに、カーテンの後ろに身を隠すようになった。

そして、僕もあの頃のように、彼女と話す機会が増えて行った。

 

「話があるの」

彼女がそう切り出した。

『お嬢様…僕にできることなら』

 

 

「「もう、この生活を終えようと思う」」

 

 

『それって…』

「逃亡よ。この子を連れて」

『逃げるって……旦那様にバレたら』

「もう、いいの、あんな人……………貴方となら……貴方となら幸せになれると思うの!いや……一緒になるなら貴方とがよかった………一緒に暮らそう……どこか遠いところで!」

『落ち着いてください!』

「…っ!…ごめんなさい、取り乱しました…でも、私は本気よ」

『お嬢様…』

 

 

「貴女が好き…ずっと一緒にいたい」

 

 

あの頃の僕は若かった。

その一言で、心を決めてしまったのだから。

彼女と、貴女を守る。

どこか遠いところへ、彼女の自由を探しに行く。

彼女となら、なんでも出来ると思った。

 

 

あんな結末が待っているとは、もうすぐ18歳になろうというあの頃の僕には想像もできなかった。

 

 

つづく

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

 

申し訳ない。

だいぶ放置した。

くそ。

 

この間にいろんなことがありました。

またおいおい報告しなければね。

 

次で完結させたい!!!!

 

まだまだつづく。

【小説】誰にも見えない2

朝が来た。

昨日、初めてお会いしたあの方と心ゆくまで踊って、それから私寝てしまったのね。

 

ベッドから起き、周りを見渡す。

あの方が見当たらない。

「どこに行かれたのかしら…」

 

朝ごはんの時間だ。

どうしたものか周りがザワザワと騒がしい。

気になり、部屋の外に出る。

 

「あの亡霊が出たって噂だぞ」

「そんなわけないだろ、幽霊なんて」

「だって召使いが見たって言ってたわよ」

「確かお嬢様と一緒に踊ってたとかな。召使いには見えなくてお嬢様が1人で回ったり浮いたりしてたそうだな」

 

バタン、と自分の部屋に隠れる。

見られていたの??

亡霊……??

違う、彼はそんなんじゃない……

 

コンコン

「は、はい……」

 

「私だ」

それは父の声だった。

「どうぞ」

 

昨日のことだわ。

目も合わせられない。

「昨晩はご苦労だった。長い夜だった。きっと疲れていたのだろう」

「はい…」

 

父は窓際にゆっくりと歩いていく。

顔も上げられず、足元だけを眺める。

 

「昨日、お前がひとりでいるところを召使いが見ている。パーティーを抜け出して何をしていたのだ?」

「昨日は……………」

あの方と踊っていた。

だけど、そんなことを父が信じるはずがない。

おかしなことをいうと、笑われてしまうかもしれない。

 

「覚えていません」

 

沈黙が流れる

 

「ほぉ、覚えてない…か。やはりあいつの仕業だな……」

「お父様、あいつって……??」

 

あいつ。

お父様はきっと何か知ってる。

あの方のこと。

 

「まぁいい……この話はまたしよう」

 

そう言い残し、父は部屋をあとにした。

「何だったんだろ…」

 

『おはよう』

 

「わっ!!!!」

『いい朝ですね』

「貴方……いつからここへ?」

『貴女が目を覚ます前からずっと。昨日の晩からそばにいましたよ』

「そうでしたの…ではさっきの会話も…」

『………。』

「お父様は何か知ってるようでしたわ」

『知ってしまったら、貴女は私を嫌いになるでしょう』

「嫌いになんてならないわ。貴方のこと…」

 

ゴーーーーンゴーーーーン

 

近くの教会の鐘がなった。

学校にいく準備をしなければならない。

舞踏会の次の日とはいえ、行かなければ。

『時間ですね』

「……また会えますか?」

『もちろん。貴女のさっきの言葉の続きを聞かせてください』

「……はい…」

 

耳元へあの方の口元が近づく。

『また今宵、お逢い出来ることを楽しみに待ってます』

 

自然と顔が暑くなった。

 

 .・━━━━━━━━━━━━ † ━━━━━━━━━━━━・.

 

放置してた

ぬぁぁぁ

だいぶ前に見た夢だから忘れたよね

『』

 

【小説】誰にも見えない1

大きなお屋敷で開かれている、パーティ。

お酒に溺れる金持ち、自慢ばかりの婦人。

そんな場所から逃げたし、私はベランダに立っていた。

終わらせたかった、そんな日々を。

 

『ねぇ』

 

そこで貴方は話しかけてくれました。

私より10歳くらい年上のお兄さん。

その人は綺麗なスーツを着て、真っ黒な髪にはウェーブがかかっていた。

とても綺麗な方だった。

 

目が合いました。

お兄さんは少し驚いた顔をしていました。

『まさか振り向いてくれるとは思わなかったよ』

「貴方は…」

『…私が見えるのですね』

「??」

『あ、いえ…少し向こうでお話ししませんか?』

「え、いや…でも…」

ゆっくりと手を取り、部屋を出た。

手が冷たい、そんな印象が残った。

 

『貴女はとても退屈そうに見えた』

今の一瞬で、感情が見抜かれてしまうとは思いもしなかった。

「嫌いなんです、パーティ」

『僕もだ』

「そんな毎日から逃げたくて、私は…」

『だから僕が見えたんだ』

「見えますよ、普通に」

 

僕が、見えた

不思議な言葉に首を傾げる。

まるで幽霊と話してるように、自分の存在を消す彼に違和感を覚えた。

『だったら、あの窓を見てごらん』

 

「……っ!」

『あれが、私だ』

窓には、姿が見えなかった。

『驚くのも無理はない』

「貴方は………」

『君は私を見つけてくれた。それがどんなに嬉しいことか……』

ほんとに幽霊なの…??

こうして、手に触れることができるのに。

歩くこともできるのに…

 

『一緒に踊ってくれませんか?』

「え?」

『今日は一緒にこの夜を過ごしたい』

「わ、ちょっと…」

フワッと身体が浮いた。

くるくると軽快なステップを踏む。

かすかに聞こえる舞踏会の音楽が、今は心地よく聞こえた。

今日、はじめてお会いしたこの不思議な男性に身を任せた。

 

『お上手ですね』

「貴方こそ」

自然と笑みがこぼれた

 

 

 

その様子を影から覗いている人がいることにも気付かずに……

「お嬢様……?なぜひとりで踊っていらっしゃるのかしら…まさか、取り憑かれてるのでは……あの、亡霊に…」

 

 

続く

 

 

.・━━━━━━━━━━━━ † ━━━━━━━━━━━━・.

 

不思議なお話でした。

幽霊さんとの出会い。

幽霊さんに隠された秘密とは。

そして、召使いに見つかってしまったお嬢様は。

誰にも見えない幽霊と出会ってしまったお嬢様。

そのクライマックスはいかに。

 

 

実はこれ、最近見た夢の内容です。

ほんとにほんと。

すごく素敵なイケおじ幽霊でした。

好きだったなーーーーー

例えていうなら、自己防衛おじさん。

 

さて、続きは次の投稿で!!

わたしが生きた21年間は

21年、終わろうとしてます。

22年目に突破。

明日は誕生日。

 

私が生きた21年間。

それはそれはいろんなことがあったよ

もう、ほとんど思い出せない記憶とか

忘れちゃったものもあるんだけどね

 

変わった人。

それが自分にぴったりの言葉。

昔からそう。

それが人から見たらおかしかったり、馬鹿に見えたり、普通に見えたり、いろいろあったと思う。

 

でも、それでもみんなの支えで生きてきた。

わたしが地に足をつけて生きてきた。

 

未熟さゆえ、たくさんの人を傷つけた、小学校の6年間。

男子からのいじめにより人、男性への信頼を失った人生15年目。

そして、神様と出会って、神様を信じるたくさんの人達と出会って、生まれ変わった20年目。

そして、それから2年が経とうとしている。

 

今の私は、人生の分岐点。

たくさんの選択肢の中から、私の人生を決めなければいけない。

私は何したい?

あなたは何が出来る?

誰のために生きていきたい?

21年間の経験を、今、形に変える。

 

22歳。

学生という身分を終え、社会に出る準備の歳。

学生の1番最後の歳。

もう、会えなくなる人がいるかもしれない。

 

この1年間は、人を大切にしていきたい。

21年間を振り返って、自分を大切にしてくださった方のために生きたい。

 

素敵な21年間でした。

ありがとう。

生きててありがとう。

 

気持ちに押しつぶされて

どうしたものか

 

好き、の気持ちに押しつぶされて

 

自分が自分じゃない

 

何か浮かれてる

 

心ここに在らず

 

あと3日。

 

がんばれわたし

 

気持ちは、伝えるだけ。

 

付き合ってとか贅沢言わないわ

 

ただ、ありがとう、が聞けたら

 

それだけで私は救われるのよ

 

どうしたもんかね

 

ここまで人を好きになるなんて、久しぶり。

 

気持ちが落ち着かないわ。

 

f:id:kazekura:20180211234704j:image

バレンタインは灰かぶり

まぁ不思議なタイトルです

バレンタインは灰かぶり

 

灰かぶりといいますか…

今年は、四旬節の初めの日

「灰の水曜日」がバレンタインデーなんですよね

チョコもらえるかなぁ(女です)

 

甘い物大好きだから

この日だけ男に生まれたかったな

 

ていうか男の人って甘いものってどうなんやろ

人による???

周りに男おらんから分からんのよね

 

 

というのも、ついに

渡そうと思います

バレンタインデー

 

灰をおでこにつけたまま。

 

どうしようどうしよう、と考え込む

ここんところ、毎晩。

でも、しっかり想いは伝えるんだ

後悔しない、逃さない

 

しっかり渡せたら十分!!