強がりなかぜくら弱虫なあたし

かぜくらの息抜き場

【小説】天の川2

あの日見た、夏の大三角と天の川はいつの間にか消え、夜空にはオリオンが浮かんでいた。

 

3月。卒業の季節。

みんな、それぞれの進路に進み、それぞれ違う生活がはじまる。

新しい場所。新しい出会い。

嬉しいけど、悲しい季節。

卒業式が終われば、あんたとはもう…

 

「あー、終わったな、卒業式」

卒業式も終わり、最後の学活も、写真撮影も、何もかも終わった帰り道。

あなたと歩く、最後の帰り道。

すっかり日が落ちて、あたりが暗くなってきた。

 

「早かったね」

「これで、しばらくは離れ離れだなー」

「ん……てかさ…」

「ん?」

「ほんとに、東大?」

「うん」

キョトンとした顔で私を見る。

彼の顔に疑いの文字はない。

「俺、受験勉強がんばったんだぜ?N高、合格したし、目標があるから高校も頑張っていけそう」

「…ふふっ」

迷いのない彼の姿に思わず笑がこぼれた。

「な、なんだよ…」

「ううん、なんでも。楽しみにしてるよ」

「ああ」

 

こうやって一緒に帰ることも、一緒に勉強することも、一緒に笑うことも、もう、ないんだな。

これからは、それぞれの道で、それぞれの生活を送るんだな。

「おい、なんで泣いてんだよ」

「え…?泣いてないし…」

「嘘つくなよ」

「そんなこと…………ごめん、あれ、止まらないや」

 

何でもないふりしてた。

でも、やっぱり、寂しいし、つらい。

離れたくない。

「大学まで、待てないか?」

「…………多分」

「じゃあ、こうしよう」

「?」

君の顔が近づく。

「へ/////」

「毎年7月7日が、俺達の記念日だ。その日に会おう」

「七夕……」

「そう、七夕」

 

それが、私たちの大切な大切な1日になった。

織姫と彦星が会えるのは、来年。

その日でそれぞれの道で、頑張っていこう。