強がりなかぜくら弱虫なあたし

かぜくらの息抜き場

講演会

宇部カトリック教会
80周年記念
Sr.渡辺和子 講演会
テーマ「現代のわすれもの」

f:id:kazekura:20151121223914j:image




この人は、本当にすごい人だと思う。
経歴もすごいし、考え方が、とても良い。

御年88歳。

これを逃したら、もう一生聞けないかもしれない。

そう思ったから、バイトを休んで、ここに来た。

今日の講演会をメモを書いていきたいと思う。
主に心に残った言葉を、書き留めた。


*:.。..。.:+・゚・✽:.。..。.:+・゚・✽:.。..。.:+・゚

  • 置かれた場所で咲きなさい
  • 望まれて生まれた方が良い
  • 祝福して産め、と言っている
  • 現代の若者は「我慢」「努力」「不自由に耐える」ということを忘れている。
  • 思うようにいかない社会で、どのように花を咲かせるか。
  • 「くれない族」になっていた。(〜してくれない。という人)
  • あなたが変わらなければ、どこへ行っても、何をしても同じ。
  • 人が死ぬ時に置いていけるのは、あなたが集めたものではなくて、あなたが与えたもの。
  • 「小さな死」を自分に与える。
  • 自分にとって嫌なことを、喜んでできるか。
  • 刺すような痛みに笑顔で耐える。
  • 神様のポケットにいれる。
  • ほほえみは無駄にならない。
  • たんぽぽはバラにはなれない。また、たんぽぽもバラにはなれない。
  • 発想の転換をしよう。
  • 「なぜ〜」は後ろ向きな言葉
  • 「何のために〜」にしよう。前向き。
  • 不機嫌は立派な環境破壊。
  • 今日という日を大切に。
  • 目の前にいる人を大切にしよう。
  • 大切にされると、「わたしは大切な人間なんだ」という気持ちが芽生える。

などなど、書いてきました。

詳しく知りたい人は、
「置かれた場所で咲きなさい」
「面倒だから、しよう」
という本がおすすめです。


置かれた場所で咲きなさい

置かれた場所で咲きなさい



面倒だから、しよう (幻冬舎単行本)

面倒だから、しよう (幻冬舎単行本)



本当に、聞けて、会えて、良かった。

出てこられた時から涙が出てきた。

わたしも、こういう人みたいな生き方がしたい。

マザーテレサのような、温かい人間になりたい。

また、機会があれば、ぜひお会いしたい。