強がりなかぜくら弱虫なあたし

かぜくらの息抜き場

三題噺


文芸部時代の主な活動、三題噺

久しぶりにやりたくなるものです

今回はワードが思いつきませんでしたので、Twitterのタイムラインからつまみだしました。

3つ!ワード!

2.終電
3.田舎

では、どうぞ

*:.。..。.:+・゚・✽:.。..。.:+・゚・✽:.。..。.:+・゚・


もうどれだけの時間が経っただろうか。
夜の道を歩き始めて、数時間。
民家の明かりは消え、数の少ない街灯がところどころ点灯している。

田舎の道。
虫の鳴き声。
終電を逃し、2つ先の駅からとぼとぼと歩いている僕を嘲笑っているような鳴き声だ。

でも、そんな声も、ここまできたらそこまで気にならなかった。
田舎で生まれて、田舎で育った僕には虫の鳴き声なんて、生活音そのものだ。

それにしても、今日は道が明るい。
今朝のニュースで、明日は中秋の名月って言ってたっけ。
明日にはまんまるお月さんになるんだろう。
少し不格好で物足りない姿の月が、雲の隙間から見えた。

昔と変わらない、この町。
昔と変わらない、この道。
そして、日々変わっていく僕。
そんな僕たちを、月は優しく見守ってくれていた。

明日は、昨日と違う僕がいて
昨日と違う姿の月があるんだろうな。

変わっていく毎日。
明日は、どんな日になるだろう。

月明かりに照らされた道を、僕はゆっくりと歩いて帰った。


*:.。..。.:+・゚・✽:.。..。.:+・゚・✽:.。..。.:+・゚・


というふうに、なりました。

なんか、ぽけーーーーっと進んでいきましたが、終わりです。はい。

こんな感じでまた次回もやりたいな

明日は中秋の名月ですよ

お団子食べたいな