カンボジア産パンダの一人言日記

パンダさんの息抜き場

前を向いて歩こうぞ

今週、2ヶ月間一緒にインターンをした人が 日本に帰る。 最終日は夜まで、みんなでお話をした。 楽しくて、でもどこか寂しくて。 2ヶ月は短いもので、とても長い。 でも、やっぱりあっという間だ。 初めてスクールに来てから、一緒にインターン生活をしたこ…

カンボジア人ソンサーとお別れした話

早っ!!!!!! ってコメントが飛んできそうだが、やはりそうだった。 お久しぶりです。 わたし、がんばりました、でもダメでした。 カンボジア人ソンサーと、お別れしました。 理由は、彼の浮気。 すでに、新しい彼女を作っていました。 正確に言うと、前…

信じる時間をください

彼が日本に行ってから3週間が経った。 なんと、連絡途絶えた。 いつもはしつこいくらい、彼から晩になると 「こんばんは」 「今何していますか?」 「ご飯は食べましたか?」 「シャワーは浴びましたか?」 「今日は何時に寝ますか?」 って連絡が来てたのに…

遠距離恋愛の続け方が知りたい

先週、ソンサーが日本に技能実習生として行った。 ソンサーとは、もともとが遠距離だった。 クメール正月でプノンペンから地元へ帰省していた彼が、わたしが住むところに来て、出会った。 それから、彼はプノンペンの自分が勉強している学校に戻った。 その2…

ソンサー タウ チャポン✈️🇯🇵

昨日の夜、ソンサーがついに日本に旅立った。 出発がまさかの月曜日で、出発時間がまさかの夜で、行きたいけど、行きたいけど!! インターン業務が……… の板挟み状態に。 そんな状況だったけど、事情を知ってるインターン生や、スタッフから背中を押され、プ…

カンボジアでフィアンセができた話

おもしろいことを言います。 カンボディアンソンサーから、 Will you marry me?をいただきました。 でも今すぐじゃない。何年後か。 「死ぬまでずっと一緒にいたい」 「結婚したい」 超ハイスピード。 わたしまだ23歳。 彼が今月日本に行き、それから私が来…

カンボディアンソンサーができた

タイトル通り。 前回、前々回で登場した彼。 ソンサーになりました。 多分。 出会ってから毎日、メッセンジャーでやりとり。 次第に増えていく、ストレートな甘い言葉。 恋しいなぁ、会いたいなぁ、顔が見たいなぁ そして、「大好きです」の文字。 電話をか…

ゼロ距離

惚気ける。 いや、これは非公開にしたいところである。 先ほど、先日の記事でお話したカンボジア人と遊んできた。 17時に約束をしてたが、大雨で時間を1時間遅れさせる。 そして、そこからまた30分。 やっとこさ合流。 村で見た姿とは、また違うシティボーイ…

I miss youの意味

先週、私に対して来客があった。 プノンペンから帰ったあと、授業もおわり シャワーを浴びていた。 あがると、そこには見たことない、青年。 同い歳くらいの、男の子だった。 おそるおそる声をかける。 相手もそんな感じ。 この人は一体、何者なんだろう。 …

パンダは23歳になった

日本の時間では、わたしが生まれたみたいです。 カンボジア時間はまだだけど。 23歳になります。 なんだか一気に大人感でる、23歳。 23歳はどんな1年にしようか。 まずは、ずっとカンボジア生活。 嫌なことがあって、しょげて、そんな気持ちで迎えた今日。 …

【2週間】ひとりの行動力はすさまじい

こんばんは カンボジアはクメール正月真っ最中。 暇すぎてNetflixの住民になろうとしたところ 家族のお姉さんからお誘いをいただき クメール正月満喫しました。 カンボジアに来て、この前の金曜日で2週間経ちました。 もう1ヶ月以上おるみたいな感覚。 慣れ…

【4日目】継続は力になったらいいな

さっそく忘れてた。 停電。 ずっと停電。 少しさみしくなり電話しようとしても通じず。 いつのまにか、寝落ち。撃沈。 さて。 カンボジアに来て4日目。 さっそく、壁にぶち当たり。 自分の語彙力と、積極的な無さ。 自主的に動くことができない。 人によって…

【3日目】プノンペンのカトリック教会

今日は朝からカンボジアのカトリック教会のミサ。 言語はクメール語。 まぁ本を借りても、なんて書いてあるのかすら分からんし、神父様がなんて言ってるのかも分かんない。 言語に慣れろ。 今は全然分からないクメール語が、分かるようになればいいなぁ。 日…

【2日目】風に吹かれ、オタクは行く

さて、カンボジア2日目は自由行動。 朝からイオンのオープンと共にイオンへ。 Grabのアプリを使いこなせるようになりました。 グラブなのかグロブなのか、読み方分からんが。 最初、クレジットで予約してるの気づかんで、そのままお金を払ってしまって。。。…

【カンボジア1日目】

新生活、スタート。 念願のカンボジア生活。 ブログ放置してたから久しぶりに書くのね。 その間にこんなことが起きてました。 昨日3/29から今年末まで、カンボジアでインターンをします。 ドンドンパフパフ 何故か、ってのはまたおいおい書きます。 いろいろ自分…

わたしが生きた21年間は

21年、終わろうとしてます。 22年目に突破。 明日は誕生日。 私が生きた21年間。 それはそれはいろんなことがあったよ もう、ほとんど思い出せない記憶とか 忘れちゃったものもあるんだけどね 変わった人。 それが自分にぴったりの言葉。 昔からそう。 それ…

気持ちに押しつぶされて

どうしたものか 好き、の気持ちに押しつぶされて 自分が自分じゃない 何か浮かれてる 心ここに在らず あと3日。 がんばれわたし 気持ちは、伝えるだけ。 付き合ってとか贅沢言わないわ ただ、ありがとう、が聞けたら それだけで私は救われるのよ どうしたも…

素敵じゃないですか?

音楽好きの 吹奏楽をやってる 好きな人に 渡します。 このチョコ、素敵じゃないですか?? 受け取ってもらいますように。 おやすみ

バレンタインは灰かぶり

まぁ不思議なタイトルです バレンタインは灰かぶり 灰かぶりといいますか… 今年は、四旬節の初めの日 「灰の水曜日」がバレンタインデーなんですよね チョコもらえるかなぁ(女です) 甘い物大好きだから この日だけ男に生まれたかったな ていうか男の人って甘い…

単純バカで素直なら

いつもいつも 肝心なところで 言いたい一言が言えない。 震える手で文字を打つけど 送信ができない。 「一緒にいく??」 返事が怖くて打てなかった一言。 どんな返事を望んでたの? どんな返事を送ればよかったの? わかんないのよ、あなたのこと でもいつも…

愛しとーと

土日で、会った。 たくさん話した。 たくさん遊んだ。 近くにいることが、なにより嬉しかった。 ほんとに単純なことだけど 目を見て話してくれてることが 嬉しかった。 わたしの何気ない仕草とか、言葉とか なんかよく見てるね。 いちいち言わんでもよろしい…

2018

あらら、最近このブログの更新率、 どうしたのかしらね。 それほど、毎日書くことがなかったりして。 さて、あけましておめでとうございます。 今年もよろしくお願いします。 今年は無事に、家族仲良く、年を越すことができました。 めでたしめでたし。 2018…

どこまでも続く道どんな未来が待っているの

お久しぶりです。 さっき間違えて記事消しました。 書き直しますが、多分二度と同じのは書けない。 8月から9月にかけ、いろんなことがありました。 さて、気づけば10月。 大学3年生の後期に入り、話題は一気に就職。 これから考えていかないといけない。 「ど…

今日はいい日

朝からいい日だった。 雨は降ってたけど。 父からのLINEで 23日のライブのチケットが届いて めちゃくちゃいい席やった ありがとう。 楽しみます それと、嬉しいことではないけど 今おじいちゃんが入院してて お見舞いに行ったら おばあちゃんと従姉妹のお母…

七夕

七夕なのに、外は曇ってばかりね 今日は織姫と彦星が会える日。 やーん、織姫のリア充 羨ましいね、お幸せに 鬱かもしれない 生きてることが辛い 大学に行くことが辛い 友達と上手くいかないことが辛い なんで一緒におるのに、スマホするん? なんで話しかけ…

告白の日

今日は告白の日らしい。 最近、本当にもやもやが消えない。 言ってしまえば、もう、完全に恋してる。 ほんとはすごく好きで、大好きで 離れたくない。 だけど、いつかはそのタイムリミットが来るし あなたも他の誰かと付き合うかもしれない、結婚するかもし…

21歳

お誕生日おめでとう、わたし。 21年間、お疲れ様。 たくさんの人の支えがあったから ここまで生きてこられました。 特にこの20歳は、ほんとにいろんなことがありました。 いろんな経験をさせていただきました。 今度は、それを自分の進路と繋げていけるよう…

心が満たされてる

カトリックっていいな こんな家族に出会えたことが わたしの人生の中で 一番の幸せ ありがとう 神様ありがとう。 わたしに声をかけてくれてありがとう

やりたいことってなんだ

とりあえず 大学卒業したら、仕事して 大切な方が亡くなったら 都会に出たい 2年間、住んで仕事して また戻ってきたい 好きなことを好きなだけやって 気が済んだら帰るよ 生まれてこの方 好きなことやったっけ?って感じ 決められた道、定められたスケジュー…

実習おつにゃん

実習が終わった 長かった よかったとは言えない 自分は成長できたのかどうか でも 経験値は上がった わたしはやっぱ福祉職は向いていないのかも知れない まあそれは置いといて 実習でいったところの利用者の子が、わたしの好きな顔やった 好きになったとは言…